お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

革新的生産技術

ホムトフと蘇州の生産現場で使用している革新的な技術についてさらにご紹介します。

PULSは、世界で最も先進的で効率的なDINレール電源を製造し、最高の品質を維持するために、常に新しい製造技術の研究と試験を行っています。このページでは、継続的進歩の哲学と、最新の進歩について、説明しています。動画をご覧ください。

電源生産における革新的ロボット技術

ロボットを使用することで、反復的な作業プロセスを自動化し、生産性を高め、コストを節約でき、多大な努力を要するタスクや生産的なタスクに時間を費やすことができます。ホムトフの生産現場での新しいPULSロボットを使用している様子をご覧ください。

ロボット技術の詳細


新しい信号システムを使用した生産通信の高速化

蘇州の工場では、生産ラインのワークステーションに新しい信号システムを導入しています。インシデントを即座に報告し、ラインリーダーに正確かつリアルタイムの概要を提供します。これにより、製造プロセスの効率が大幅に向上し、透明性も向上します。

信号システムの詳細


ラベルからレーザーマーキングへ

PULSは現在、DINレール電源の大部分にレーザー技術によるマーキングを行っています。これらのデバイスのハウジングに、最も重要な技術仕様と認証の情報を直接刻んでいます。PULSでは、レーザーマーキングに移行するまで、従来のラベルを使用していましたが、過酷な環境では、汚損したり、柔らかくなり、ラベルが剥がれてしまったり、読み取れなくなったりすることがありました。


バーンイン試験でのエネルギー回収

バーンイン試験は、電源の高品質を保証するためのもので、欠陥のあるデバイスを最初から特定する際に有用です。この試験では、60°Cに設定したオーブンを使用して、過酷な作業環境で公称負荷での動作をシミュレートします。オーブンの予熱と、試験電源の動作には、高レベルのエネルギーが必要です。PULSは、革新的なエネルギー回収システムを実装して、試験電源の出力エネルギーの92%以上を再利用しています。このエネルギーはインバータを介して工場のグリッドにフィードバックされています。


絶縁保護コーティング

絶縁保護コーティングは、DINレール電源の非常に重要な機能で、特に過酷な環境では不可欠なものです。高まる需要を受けて、PULSは蘇州とホムトフの工場に独自の絶縁保護コーティングシステムを導入しました。