お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

内蔵型冗長機能と絶縁保護コーティングの新しい480W電源

CP20.241-R2-C1は、効率性と信頼性が非常に高いDINレール電源で、内蔵型冗長機能、絶縁保護コーティングされたPCB、およびホットスワップコネクタを装備しています。

冗長機能を内蔵

このDINレール電源は、1+1 および n+1 の冗長性を実現するデカップリングMOSFETを内蔵しています。CP20.241-R2-C1を使用することで、追加の冗長モジュールなしで冗長システムを構築することが可能です。それによって得られる利点は、大幅なコストとスペースの節約、および冗長システムの複雑さの軽減です。

絶縁保護コーティング

CP20.241-R2-C1は、最も過酷な周囲条件下においても持続的な信頼性を保証します。絶縁保護コーティングされたプリント回路基板(PCB) は、高湿度、結露、および高濃度の導電性粒子(例:静電気による粉塵粒子の誘引)に耐えることができます。したがって、このDINレール電源は、亜熱帯地域、屋外エリア、農業、製紙業、鉄道などの用途に最適です。

高い効率

24V/20A電源はわずか48mm幅で、95.2%という高効率を特長とし、20%の出力予備電力を備えています。また、12ミリ秒間にわたり、公称電流の3倍の電流を供給することができ、これによりヒューズも切断スムーズに行います。過渡電流や電力サージに対する高い耐性、低い電磁放射、遠隔モニターのためのDC-OK信号に加え、国際的な認証要件を満たしており、あらゆる用途に適しています。

自動の負荷電流共有機能

CP20.241-R2-C1は負荷電流分配を自動的に行う機能を備えています。この機能は、並列に接続された電源の間で起こる電圧不均衡を補正します。これにより、2つの電源間の温度バランスが最適な状態に保たれ、デバイスの寿命が長くなります。

ホットスワップコネクタ

ホットスワップ コネクタにより、運転中もデバイスの交換が可能です。この機能により、安全性を重要とするシステムの可用性が向上します。

CP20.241-R2-C1に関する詳細情報をご覧ください

絶縁保護コーティング仕様で、冗長機能を内蔵したDINレール電源: CP20.241-R2-C1