お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

産業用PoEインジェクタ

DINレールマウント用の効率的な4チャンネルおよび8チャンネルPower-over-Ethernetインジェクタ。
内蔵240W電源と共に、またはスタンドアロンデバイスとして使用可能。

8-channel industrial PoE injector

8チャネル
PoEインジェクタ

スタンドアローンモジュール型

  • DC入力電圧48~56V
  • 8ポート、各30W
    (IEEE 802.3at規格準拠)
  • ギガビットイーサネット1.000Mbps
  • 自動デバイス検知および分類
  • 注文番号: POE.8AT-DC1

製品詳細

8-channel industrial PoE power supply

8チャネル
PoE電源

電源内蔵型

 
  • AC入力電圧100~240V
  • 8ポート、各30W
    (IEEE 802.3at規格準拠)
  • ギガビットイーサネット1.000Mbps
  • 自動デバイス検知および分類
  • 注文番号: POE.8AT-AC1
  • 内蔵型 CP10.481
4-channel industrial PoE injector

4チャネル
PoEインジェクタ

スタンドアローンモジュール型

  • DC入力電圧48~56V
  • 4ポート、各30W
    (IEEE 802.3at規格準拠)
  • ギガビットイーサネット1.000Mbps
  • 自動デバイス検知および分類

準備中

4-channel industrial PoE power supply

4チャネル
PoE電源

電源内蔵型

  • AC入力電圧100~240V
  • 4ポート、各30W
    (IEEE 802.3at規格準拠)
  • ギガビットイーサネット1.000Mbps
  • 自動デバイス検知および分類

準備中


アプリケーションに合った設計

産業オートメーション
画像データ処理など

ビルディングオートメーション
スマート住宅、照明など

交通インフラ
空港、駅など

広告
デジタル看板など

セキュリティ
アクセス制御、カメラなど

店頭(PoS)
キャッシュレジスターなど

オフィス環境
VoIP、(W)LANアクセスポイントなど

医薬
ナースコールなど

1チャンネルあたり30W。保証。
最新のPoE+インジェクタ。

4または8チャンネルのソリューションが使用可能です。プルスのハイエンド電源を内蔵しているものや、スタンドアロンPoEインジェクタとして使用できるものもあります。どちらのデバイスも、1チャンネルあたり30Wまでの安定した電力が特長です。このため、1つのインジェクタのみで最大8つのPoE/PoE+デバイスを供給できます。

AC-DCコンバータを含むオールインワンデバイスにより、さらなるメリットが得られます。AC主電源に直接接続できるため、システム構造を単純化できます。これを達成するためには、以前は少なくとも2つのデバイスが必要でした。

信頼できる基礎電源のCP10.481は、95.5%という卓越した効率を実現します。つまり電力損失が少ないため、アプリケーションにおける温度が大幅に下がります。冷却システムのコストを削減できます。

さらに温度の低下により、電源の信頼性が向上し(MTBF 699,000時間)、耐用年数も伸びています(120,000時間)。

メリット
の概要

最大8台のデバイス
に1つのPoE+インジェクタで電源供給

プルスPoEインジェクタは最大8つのポートを搭載しています。各ポートは30W(負荷時は25.5W)の電力を供給し、IEEE規格802.3atに準拠しています。このため、1つのPoEインジェクタのみで多数のデバイスとPoE通信することができます。

時間とスペースの節減
コンパクトなプラグアンドプレイデバイス

標準のDINレールマウントにより、顧客のアプリケーションにPoEインジェクタを容易かつ迅速に設置できます。複雑なセットアップやEthernet LANへの統合は不要です。わずか幅77mmという小型サイズのオールインワンソリューションが、スペースを節減します。システム内のデバイスの合計点数も減らすことができます。

オールインワンソリューションでコスト削減

プルスCP10.481の組み込みオプションにより、お客様は品質、信頼性、および性能に裏打ちされたハイエンド電源を入手できます。このオールインワンソリューションは、システムの複雑さを軽減し、設置時間の短縮によりコストも削減します。さらに、管理しなければならない部品点数は1つだけです。

重要アプリケーションのためにもセキュアなシステムをセットアップ

プルスは、ハードウェアやソフトウェアを問わず、常に製品のために最大限のセキュリティを確保するよう努めています。たとえば、PoEインジェクタの1つのEthernetチャンネルが故障しても、他のすべてのチャンネルは影響を受けず、完全に機能し続けます。デバイスは、操作時におけるデジタル攻撃の試みから保護されています。スイッチ設計に組み込まれたASICコンポーネントが、侵入を防ぎます。

最新のPoE機能。
詳細を確認。

革新的な
PoE機能
 

  • 容易なセットアップ
    プラグアンドプレイ設置およびDINレールマウント
  • PoE+規格
    4xまたは8x 30Wポート(IEEE規格802.3atに準拠)
  • 高速データ転送
    Gigabit Ethernet:1.000Mbps
  • フレキシブルな使用
    自動的なデバイスの検出と分類

信頼性の高い
AC/DCコンバータ機能
 

  • 国際的に適用可能
    AC 100-240Vの広範囲入力
  • 低い電力損失、少ない発熱
    95.5%の効率
  • 省スペース設計
    幅77mm
  • 産業実績
    -25°C~+70°Cの幅広い温度範囲

IT対産業環境。
違いは?

市販されている多くのPoEインジェクタは、通常、ITアプリケーションから生まれたものです。IT環境(サーバールームなど)では、安定した環境条件と優れたネットワーク品質が重要視されます。

産業アプリケーションの場合、状況は一層過酷になります。デバイスは、さまざまなグリッド品質高温、および振動への対処を求められます。つまり多くのPoEインジェクタは、信頼性、耐久性、および効率の点で産業要件を満たしません。さらに、一般にPoEインジェクタは1~4チャンネルのみ装備しており、通常は外部電源を必要とします。インジェクタの構成や既存のPoEシステムへの統合も複雑です。

プルスは新しい4および8チャンネルPoEインジェクタにより、産業環境で多数のPoEデバイスへの電力供給を必要としている人のために、堅牢性耐久性、および効率を備えたミッドスパンソリューションを提供します。

詳しくはPoEの専門家に
お問い合わせください。

PoEデバイスは、
プルスの他のソリューションと簡単に組み合わせることができます。

DINレール電源

インジェクタへの電力供給に使用。
CP10.481など)

DC-UPS&バッファモジュール

短時間の入力電圧障害を迂回。
UF20.481など)

冗長モジュール

システムのアップタイムの向上。
YR40.482など)