お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

IO-Linkポート搭載のDINレール電源

電力、温度、ステータスに関するリアルタイム情報をIO-Link経由でお客様の電源から直接送信します。

初の内蔵型IO-Linkインターフェイスを搭載したDINレール電源:DIMENSION QT40.241-B2

初のIO-Linkポート内蔵型
DINレール電源

電源はシステムの中央の交点に 設置されます。電源には、単に電流が流れているだけではありません。電源は、事業会社やシステムメーカーにとって特に重要なリアルタイム情報を大量に記録します。

このような情報を活用することによって、システムの可用性を高め、維持管理費を削減できます。つまり電源は、コンバータとして機能すると同時にセンサーとしても機能することができ、「製造業におけるモノのインターネット(IIoT)」に大きく貢献します。

DIMENSIONQT40.241-B2には、プルス初の三相DINレール電源(24V/40A)が採用されており、ユーザーはI/Oポート経由でこのシステムデータを利用することができます。

新しいIO-Link機能を搭載した
信頼性の高い電源

新しいネットワーク機能
 

  • IO-Link v1.1 (IEC 61131-9)
  • 4極M12プラグコネクタ
  • 伝送速度:COM3
    (< 230.4 kBaud)
  • 内蔵型不揮発性メモリ

信頼性の高いコンバータ機能
 

  • 三相 | 960W | 24V、40A
  • 効率95.3%、幅110mm
  • 5秒で+ 50%のBonusPower
  • サーキットブレーカーを遮断するのに10ミリ秒で100A
  • アクティブPFC(高周波抑制)
  • -25°C~+60°Cでフルパワーを発揮

QT40.241-B2の技術情報については、製品詳細ページをご覧ください。

QT40.241-B2の詳細についてはプルスの製品カタログをご覧ください。

Manufacturing Leadership Awardを
発売開始前に受賞


コンサルティング会社 Frost & SullivanのManufacturing Leadership Councilは、製造業のデジタル化に貢献する革新的な技術を追求しています。

プルスはそれを念頭に置き、2018年度第1四半期に同社主催のアワードの審査団にQT40.241-B2を提出しました。審査メンバーは念入りなテストを実施することで、電源がメーカーに与える付加価値を精査し、プルスの顧客志向の戦略を高く評価しました。

その結果、正式な発売の前であるにもかかわらず、QT40.241-B2 は栄誉あるManufacturing Leadership Awardを受賞しました。

重要な情報を
お客様のアプリケーションから直接収集

ON DEMAND
非周期パラメータ

非周期パラメータには、静的および動的なデバイス情報と、マスターによっていつでも照会できる入出力パラメータが含まれています。

デバイス情報(静的)
製造者名
製品名
シリアル番号
ハードウェアおよび
ファームウェアの検査状況

デバイス情報(動的)
デバイスのランタイム
残余耐用年数
気流の温度

入力パラメータ
トランジェントカウンター
入力電圧

出力パラメータ
出力電圧
負荷レベル(%)

PUSH
周期パラメータ

出力電流は周期プロセスデータに含まれており、2ミリ秒ごとにQT40.241-B2によってIO-Linkマスターに送信されます。

出力電流(2ミリ秒ごと)

PUSH
イベント

イベントは、警告やエラーメッセージである可能性があります。 (入力電圧が低すぎる/または高すぎる。過負荷/または温度が高すぎるなど)

DC警告
BonusPower
過負荷
温度が高すぎる
入力電圧が高すぎる
入力電圧が低すぎる
電源障害
要メンテナンス

WRITE
リモート機能

ユーザーは、設定ソフトウェアを使用してQT40.241-B2の出力電圧を設定し、リモートでデバイスのオン/オフを切り替えることができます。

電源のスイッチオン
電源のスイッチオフ
出力電圧の設定

IODDをダウンロード

QT40.241-B2の最新版IO-Linkデバイス詳細データ(IODD)のダウンロードは こちら

通信プロトコルとしての
IO-Linkのメリット

信頼性

複雑な通信プロトコルと比べ、電源のIO-Linkポートのコンポーネント要件は低くなっています。これにはいくつかのメリットがあります。追加コンポーネント数が少ないため、QT40.241-B2のMTBF値(平均故障間隔)を常に高く維持されます。678,000時間というMTBF値は、デバイスの信頼性と耐障害性が高いことを示しています。

使いやすさ

IO-Linkにはプラグアンドプレイ機能が装備されているため、ユーザーは簡単に使用することができます。簡単かつコストパフォーマンスの高い方法で設置や操作ができます。ポートは、標準の非シールドIOケーブルを使用して接続できます。また、あらゆる標準フィールドバスおよび自動化システムに対応しており、ニーズに合わせた使い方ができます。

安全性

IO-Linkは、高い堅牢性と安全性を備えています。産業用電源は、あまり自動化されていない過酷な環境にさらされることが多く、外部による操作から守る必要もあります。IO-Link経由のデータ転送機能は、このような用途を考慮して実地試験されています。

IO-Linkに関する詳細

既存のIO-Linkシステムへ
QT40を統合


IO-Linkは、フィールドレベルからセンサーとアクチュエータ(IO-Link機器)の信号を取得することができます。IO-Linkマスターによって、これらはそれぞれのフィールドバスシステムに供給され、オートメーションシステムに送信されます。

フィールドバスとIO-Linkの組み合わせによって、あらゆるレベルで継続的な通信が可能です。IO-Linkは、すべての一般的なフィールドバスやオートメーションシステムと互換性のあるオープン標準です。そのため、柔軟に使用することができます。

IO-Linkマスターに接続するだけで、 QT40.241-B2 を既存のIO-Linkシステムに統合することができます。IO-Linkマスターに接続するには、標準化された非シールドのIOケーブルを使用します。設置や操作が簡単で、費用対効果の高い方法により実装できます。

IO-Link電源導入の
主な利点

時間とコストを
節約
 

  • 需要志向の予防保守
  • ユニット交換時の自動パラメーター化
  • ダウンタイムの回避
  • システム使用率の向上

カスタマーサービスの
向上
 

  • 障害発生時には、分析とトラブルシューティングを迅速に実行
  • 電力系統の品質分析

機械学習が
簡単

 

  • デジタル負荷プロファイルにより、摩耗を自動検出
  • 電流をデータソースとしたビッグデータの問題(非互換性、不整合など)を回避

詳しくはプルス
の担当者までお問い合わせください。

プルス本社

電話: +49 89 9278 0

Eメール:info@pulspower.com