お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

PULS Group

PULS Groupは、すべての産業用電源ソリューションを、単独で供給できる企業グループです。親会社のPULSは、DINレール電源の量産に特化しています。子会社のPULS VarioとMGVは、お客様の付加価値品ソリューションやカスタム製品に対応しています。

ミュンヘンのPULS本社

DINレール電源

市販製品

PULSは、高性能DINレール電源および補助ユニットの技術および市場の先駆者です。当社の豊富な製品ポートフォリオは、市販品としても入手できます。

効率が良く、コンパクトで耐久性のあるDINレール電源は、40年にわたる研究開発の経験と世界中のおよそ1,300名の従業員の献身的努力の結晶です。このことから、PULSはエンジニアリングに力を注いでいます。100名を超えるPULS開発者は、市場において定期的に新技術のベンチマークを確立しています。

PULSは、チェコ共和国と中国の自社生産拠点にて自社製品を製造しています。営業およびアプリケーションエンジニアのグローバルチームが、お客様に最高のサービスをお届けします。

会社概要に関する詳細

電源ソリューション

付加価値品とカスタム品

PULS Varioは、市販品では実現できない電源ソリューションを担当し、付加価値品のプロジェクトやカスタム品の電源ソリューションを開発しています。経験豊かなPULS Varioエンジニアは、オートメーション、医療、鉄道用途の電源の専門家です。

ドレバッハ - 製造
100名ほどの従業員が、旧称Etasyn GmbH(エタシン)として知られていたドレバッハ(エルツ山地)で、カスタム品および付加価値品の電源を製造しています。

ウィーン - R&D
ウィーンでは35名ほどの経験豊かなエンジニアが、PULS Group全体の新しい電源技術を開発しています。

詳細は、PULS Varioウェブサイトをご覧ください。

MGVは2004年からPULS Groupに加わりました。MGVは、PULS DINレール電源の個々の電源モジュール、19インチ電源の設計と製造、および電源に付加価値を加える改良とその製造に特化しています。

MGVは、とりわけ、産業オートメーション、再生可能エネルギー、および電気通信の分野において長年の実績を持っています。

MGVに関する詳細情報をご覧ください。


各国でのサポートに関する詳細については、グローバル営業チームにお問い合わせください。

  • ウィーンのPULS VARIO

  • ドレバッハでのPULS VARIOの製造

  • ミュンヘンのPULS本社

  • ウィーンのPULS VARIOの玄関エリア