お問い合わせ

(052) 211-7062

E-Mail

オンラインミーティングのお申し込み

お客様のアプリケーションに最適な電源の選択についてサポートが必要ですか?私たちのチームはあなたの質問に答えることを楽しみにしています。

ミーティングのお申し込み

ミュンヘン本社の新装

デザイン思考がもたらす新しい職場環境

新技術の開発には、適切なアナログワークスペースのコンセプトも必要です。職場業環には、部署間チームで協働したり、視覚的に作業したり、アイデアを試したり、激化する集中段階を観察したり、プロトタイプを作成したりするなどのオプションを従業員に提供する必要があります。

これにより、将来性のあるユーザー指向のソリューションが生み出されます。つまり、革新的な職場環境は、真のデザイン思考のための空間にならなければなりません。

プロトタイプから革新的な職場環境まで

PULSは、デザイン思考をまったく異なる2つの方法で活用しています。一方で、新しい施設を開発している最中に、デザイン思考のアプローチに導かれることもありました。従業員のニーズと作業方法を理解することが出発点となり、インスピレーションを得る目的と、よくある誤ちを繰り返さない目的で、他社の職場のコンセプトを分析しました。

これらの見解に基づいて、プロトタイプを開発し、それに応じて古いオフィスビルの一室を一新しました。 プロトタイプルームでは、従業員がターゲットグループとなり、家具と照明のコンセプトを試し、床の敷物や仕上げを評価し、建築家や大工職人のスケッチをフォローし、ホワイトボードでプロジェクトの進捗を監視する機会を設け、フィードバックがあれば、どの段階でも明確に要求しました。

従業員から得られた経験と提案は、新しい施設の開発段階に直接組み込まれました。その結果、ユニークな職場環境は現在、「仕上げ」の最終段階にきています。

受賞歴にかがやくコンセプト

建築および設計スタジの「Evolution Design」(エボシュ―ションデザイン)チームは、Golden A’Design Awardを受賞しました。
ミュンヘンのPULS本社を一新する設計が評価されました。

職場にふさわしい創造性

職場の新空間は、それ自体がデザイン思考プロセスの成果です。したがって、この空間は必然的に、従業員の革新的なアプローチを刺激します。

クリエイティブな仕事を誘引する雰囲気となり、多くの壁は、書き込むことも、磁石を使うこともできます。プロジェクトエリアは、大人数グループでのチーム作業に最適な場所です。また、多数の小会議室と、2〜3名で利用できる分科会室があり、これらは予約不要で、いつでも使用できます。

イノベーションには集中が必要

個人作業に集中できるよう考慮し、デスク共有は意図的に回避しています。高さ調整可能なパーソナルデスクや開発者ワークステーションは、すべての従業員にとって、ベースステーションであり続けます。従業員は、小さな図書館などの静かな空間で、さらに穏やかな環境を見つけることができます。この静かな空間には電話や携帯電話はなく、大声での会話も禁止されています。

モダンな仮眠室では、従業員が、落ち着いてリラックスするための時間を取ることができます。ここで、従業員は、マッサージやリラクゼーションチェアでこ心地よくなり、短時間の昼寝で心と体の充電ができます。

当然のことながら、職場環境全体でデジタル技術にもこだわっています。従業員は、ワークステーション上のデスクトップに任意の画面を介して接続し、ミュンヘンの同僚と一緒に作業でき、ビデオ会議システムにより、グローバルチームとのプロジェクトにも参加できます。

機能に従う形

各電源の開発においてPULSを突き動かす優れた革新力は、新しい職場環境の設計要素に現れています。目に見える部分でも、隠れて見えない部分であっても、あらゆるディテールに、細心の注意を払い、手を抜いたところは一つもありません。

ワークステーションの照明コンセプトでさえも、CEOのベルンハルト・エルドルとデザイナーのトビアス・グラウ氏による共同開発に基づいています。キャビネットとサイドボードも社内で開発しました。

このディテールへのこだわりは、フロアにも及んでいます。その結果、最高レベルの機能を備え、モダンな形と色が一貫した構図となりました。

This site is registered on wpml.org as a development site. Switch to a production site key to remove this banner.