お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

社史

テクノロジーにおけるプルスの成功は、取引先との持続的な信頼関係と国際プロジェクトを基調とする
賢明なビジネス戦略に支えられてきました。

PULSのテクノロジーの歴史については、こちらをご覧ください。

2019

日本市場への進出

2019年1月、名古屋にPULS営業所を開設しました。

プルスは日本のお客様に、日本語で現地テクニカルサポートを提供できるようになりました。営業所は、誠実さ、品質、信頼といった、ドイツと日本の共通の価値観に基づいて設立されました。

経験豊かなマネージャーである森川博理学博士が、現場の電源専門家チームを統率しています。

プルスは、長年のノウハウと綿密な技術文書を携えて、日本のお客様を積極的にサポートいたします。

2018

中国での生産キャパシティを倍増

18ヵ月にわたる建設期間を経て、蘇州(中国)の製造拠点を拡大する作業が完了しました。これは面積6,000m²に及ぶ増築でした。

増築された新施設も、既存の独創的なデザインに倣い、また環境に優しい生産プロセスも以前と変わらず適用しています。プルスは、その先駆的な環境基準が功を奏し、すでに、LEEDゴールド認証をはじめとする、さまざまな認定や表彰を受けています。

2017

EtasynからPULS VARIOへ

プルスはドイツの電源メーカーEtasyn(エタシン)社を買収しました。同社は現在、PULS Groupの100%子会社となり、社名をPULS VARIO GmbHに改名しました。PULS VARIOは、顧客固有案件に対応するカスタム電源、および総合的な電源システムソリューションの両方に対応しています。

同年、プルスは、30名以上のハードウェアおよびソフトウェア開発者で構成された優秀なR&Dチームを引き継ぎ、ウィーンに近代的なイノベーションラボを開設しました。

PULS Varioのウェブサイト

2017

ミュンヘンの新しい職場環境

ベルンハルト・エルドルは、従業員と建築家から成るチームを率い、ミュンヘンのプルス本社に新しいオフィスを建設しました。

モダンで画期的、何より他に類を見ないユニークなオフィスが完成し、従業員にも高く評価されました。このコンセプトとデザインは、さまざまな賞を受賞しました。

新しい本社に関する詳細

2013

アジア太平洋地域での事業拡大

優秀な営業チームとともに、プルスはシンガポールに営業所と物流センターを設立しました。中国蘇州の生産拠点のアプリケーションサポートチームに加え、プルスはシンガポールの新チームとともに、アジア太平洋地域での活動を拡大しました。

シンガポールチームへのお問い合わせ

2010

30周年記念

プルスの30周年は壮大な式典での祝賀となりました。

2009年には世界的な経済危機とそれによる構成部品不足に見舞われましたが、景気回復の兆しが見え始め、2010年には注文量が急増しました。大量の構成部品の在庫が手元にあるため、プルスは確実な納品を保証でき、これを数多くの新規顧客獲得へとつなげていきます。

2009

中国の新しい生産施設

中国の蘇州にある新しいプルス自社工場での生産を開始しました。 この建物は2010年に環境にやさしいエコデザインが評価され、名誉あるLEEDゴールド認証を取得しました。

プルスは、DINレール電源の グローバルテクノロジーリーダーとなり、研究開発部門、営業部門、 さらに中国とチェコ共和国の二つの工場でサプライチェーン全体を統括することになりました。 

蘇州の生産施設に関する詳細

2006

欧州の新しい生産拠点

チェコ共和国のホムトフにある新しい生産施設が竣工となり、盛大な開所式が行われました。

この工場は環境に配慮した世界最先端の建物で、事務管理と生産を組み合わせた特殊な複合施設です。この建物は2007年に、チェコ共和国で商業施設に授与される、最高峰の賞にノミネートされました。

ホムトフの生産施設に関する詳細

2004

MGVがPULS Groupの傘下に

かつての競合MGV Stromver­sorgungen GmbHが、プルスグループに加わりました。

プルスとMGVは、スタンダードな製品を各アセンブリや配線パッケージと組み合わせて、カスタマイズを施した電源システムを提供します。つまり、付加価値システムソリューションを提案します。

付加価値システムソリューションの詳細

2003

世界に営業拠点を新設

お客様との国際的な取引機会が増え、現地サービスとサポートが必要になりました。

そこで、プルスは米国、中国、フランスに販売拠点を新設することを決定しました。

世界の営業拠点について

2000

ケムニッツのプルスR&D新拠点

プルスは、新製品の開発に力を注ぎ、ケムニッツに研究開発チームを編成しました。

現在、ケムニッツ事業所は、プルス研究所となり、クライアント・テストデータ・プログラムおよびULのIECEE CTFステージ3プログラムに参加しています。

1998

チェコ共和国のプルス工場

ミュンヘンと並行して、チェコ共和国に二つ目の生産拠点を設立しました。 この工場では

需要の高い電源シリーズの大量生産を行います。

1992

ミュンヘンでの製造

ミュンヘンで新しい製造施設の運転を開始し、これが表面実装技術を使用した連続生産の幕開けとなりました。

1991

成長を続けるR&Dチーム

ドイツ統一後わずか1年で、プルスは東ドイツのバートローベンシュタインにR&D専門部を設立することを決定しました。

R&Dリソースへの投資は、当初から現在まで変わることなく、プルスの戦略的意思決定の一環です。

1983

年間売上高100万ドイツマルク

プルスは、Robert Bosch Industrial Controls(ロバート・ボッシュ・インダストリアル・コントロールズ)社向けに最初のカスタマイズ電源を開発・販売しました。

その成果として、年間100万ドイツマルクの売上高を実現しました。ベルンハルト・エルドルとそのチームは、ミュンヘンのアラベラパークにある大規模な複合ビルにオフィスを移転しました。

1980

ミュンヘンにPULS GmbH創設

ベルンハルト・エルドルは、スイッチモード(「pulsed」)電源の市場に革命をもたらすことを目標に掲げ、ミュンヘンでPULS GmbHを設立しました。