お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

宇宙空間での製造に関する研究プロジェクトを支援

研究プロジェクト「AIMIS-FYT」では、宇宙空間における新たな製造方法を探求しています。ミュンヘン応用科学大学で航空宇宙工学を専攻する8名の学生は、無重力環境でソーラーパネルやアンテナなどの機器構造物を製造するための3D印刷プロセスを開発しています。この壮大なプロジェクトには、プルスの電源が活用されています。

AIMIS-FYTの技術を実際に宇宙空間で使用するには、まずプロジェクトチームはいくつかの広範なテストに合格しなければなりません。2020年11月に実施された最初の放物線飛行では、無重力環境での3D印刷のテストで有望な成果を挙げました。プルスは、このプロジェクトのスポンサーとして、信頼性の高い電源を提供しています。 

宇宙空間で、3D印刷はどのように機能しますか?

研究チームの採用する革新的な印刷プロセスでは、光反応性樹脂を押し出し、紫外線で硬化させます。さまざまな直線や曲線ロッドの印刷技術に関する詳細は、AIMISの公式サイトをご覧ください。

宇宙空間で3D印刷を行う利点は何ですか?

機器類を宇宙船で宇宙空間に輸送するという、現在の方法は効率的とは言えません。機器類の構造部品は、主に宇宙船の打ち上げ時の高い圧力に耐えられるように設計されています。 
宇宙船による輸送コストは非常に高く、スペースも限られているため、宇宙空間で3D印刷プロセスを用いる方が経済的です。

放物線飛行中の試験

研究チームは、放物線飛行中に8つの試験を行って微小重力環境での3D印刷プロセスを検証しました。
それに加え、無重力環境、および月や火星におけるg値の環境でもシミュレ―ションを行いました。

この試験の実施にあたって、プルスは、24V, 10A CP10.241 24V, 5A CS5.244 などの高効率かつコンパクトな電源を提供しました。

欧州宇宙機関(ESA)との更なる進展

優れた実績と成果を受けて、プロジェクトチームは、欧州宇宙機関(ESA)との次の放物線飛行キャンペーンに招待され、参加することになりました。この試験環境で、3D印刷が実際に宇宙空間で機能することが証明されます。チームは必ずや成功を収め、さらに目覚ましい成果を挙げてくれることでしょう。

プルスは、宇宙空間での製造技術のさらなる向上を期待しており、このような素晴らしいプロジェクトを支援できることを誇りに思っています。 

本プロジェクトの詳細については、以下のYouTubeチャンネルまたはウェブサイトをご覧ください。

AIMIS-FYT YouTubeチャンネル

AIMIS-FYT 公式ウェブサイト

航空宇宙工学専攻の学生が、宇宙空間における製造研究プロジェクトで成果を上げる。