お問い合わせ

(052) 211-7062

Email

REACH規則準拠

REACH(化学物質のRegistration(登録)、Evaluation(評価)、Authorization(認可)、Restriction of Chemicals(化学物質制限)に関する規則)は、2007年6月1日に施行された欧州議会・理事会規則(EC)1907/2006で、化学物質の生産と使用を規制し、化学物質が人の健康や環境に及ぼす潜在的影響に対処することを目的としています。

電源メーカーであるプルスは、REACH規則において「ダウンストリームユーザー」に位置づけられます。「ダウンストリームユーザー」の役割と義務の詳細については、ECHA(欧州化学物質庁)のウェブサイトに公開されています。

プルスの全標準ユニットのREACH適合証明書は、当社ウェブサイトのダウンロードページでご覧いただけます。

プルスのREACH適合プロセス

プルスのREACH適合プロセスは、整合規格IEC63000(有害物質の使用制限に関する電気・電子製品の評価のための技術文書)に基づいています。情報の収集は、サプライヤーの宣言や契約上の合意に基づいています。REACH情報を公表するためのあらゆる関連データを適時に入手できるように、以下のビジネスプロセスを実施しています:

  • サプライヤーの認定は、REACH規則に準拠しているか検証したうえで行われます。
  • 当社の購入部品の認定は、サプライヤーから入手したREACH関連情報(特に高懸念物質(SVHC)に関する情報)をすべて検証・登録したうえで行われます。
  • 自社開発のコンポーネントの認定は、サプライヤーから入手したREACH関連情報(特にSVHCに関する情報)をすべて検証・登録したうえで行われます。
  • サプライヤーからの最新のREACH関連情報については、サプライヤーからの通知を確認して処理しています。
  • プルスは製品監査を頻繁に実施することで、
    • 現行版のECHA「候補リスト」での新たな追加および更新内容を確認し、REACH規則に準拠すべく適宜対応しています。
    • また、サンプリング分析を実施し、ECHAの「候補リスト」に指定された物質に照合してコンポーネントが要件に準拠しているかを検証しています。
  • プルスでは、サプライヤー監査の実施時に、サプライヤーのREACHへの準拠状況を検証しています。

ECHA SCIPデータベース

候補リスト(SVHC)に記載された物質を含む製品を供給し、EU市場に流通させる企業は、こうした製品の情報をECHAに提供する義務があります。

そのため、プルスは以下に取り組んでいます:

  • 2021年1月5日以降、プルスは、SCIPデータベースを介して、自社製品に含まれるSVHCの情報をECHAに提供しています。 
  • プルス株式会社では、REACH規則のSVHC物質が含まれるすべての標準製品に関して、必要な情報をEUのSCIPデータベースに適宜保存しています。また、製品関連のM-DoC(Material Declaration of Conformity(材料適合宣言))に各標準製品のSCIP-IDを登録しています。
  • EU域内でプルスの標準製品を販売する企業は、このSCIP-IDを使用して、自社のSVHCデータをECHA SCIPデータベースに保存できます。